花瓶01自分で自分の能力が衰えてしまった時に備えて後見人を選んでおくというのが任意後見契約の基本です。
将来的にもしかしたらそういった時が来ることがあるかもしれないと予測して契約しておく場合のことを将来型といい、この場合、実際に能力が落ちてきたと判断してくれるように後見人との間に見守り契約も一緒にする場合が多くなります。
将来型と似たような形の種類で移行型というのもあります。
移行型の場合には、実際に後見が開始されるまでの期間の財産管理などのサポートを委任するという契約を結んでおくタイプです。本人の判断能力が低下しても、それを判断して後見が開始されるまでには手続きが必要になります。その間の財産を守ることをまかせます。また判断能力に問題がなかったとしても、病気などで身体の具合がよくなく将来的に後見人が必要だとわかっている時などにも利用され、財産を守ってもらいます。
その他の種類としては即効型というのがあります。これは自分で判断力が落ちてきているなと感じた時にただちに後見開始の手続きを行ないます。
即効型の場合は注意が必要で、すでに判断力が落ちてきているのがわかっていますので、本当に契約を結ぶだけの判断力があるのかの確認が重要になります。